株主優待券を検討している人にオススメ情報サイト〔plot-movie〕

株主優待券を持っていると様々なメリットがあります。検討している方に役立つ情報を提供しています。 - ANAの株主優待券は有効活用できる

更新情報

ANAの株主優待券は有効活用できる

航空会社の中でも、最大手というような会社と言えばANAでしょうね。
ANA便の多さ、飛行機内の快適さ、サービスの良さ、安全性など全てにおいて日本国内の航空会社ではどれをとっても最高の品質を持っていると言っていいかと思います。
しかし、それと同時にやはりそれなりに航空チケット代は値が張りますのでどうしても頻繁に使うと、お財布にも中々痛いというのも現実ですね。
しかし、折角使用するならば快適な航空会社を利用したいのが本音ではないでしょうか。
快適な航空便を、更に値段を安く利用することが出来たらいいのに、なんて夢のようなことではありますがこれが本当に可能なんですよね。
というのも、株主優待券買取というある一定の株を所持している人に定期的に配当されるものがあるのですが、これがかなりの値引きをしてくれる、ということで非常に便利なものなのです。
割引率は、何と航空チケットの半額でかなりお得なんです。
ANAは株主優待券を1年に2度配当するのですが、有効期間は航空券であれば1年間なのですが、ANAの株主優待券は航空券だけでなく、ANAの系列グループが運営している各社の利用料金や、提携ホテルの宿泊費にも使うことが出来るのです。
しかし、こちらの有効期限は航空機と違って半年間になっていますので航空券と同じ感覚で使おうとすると、有効期間がすぎてしまう、ということもありますので気をつけておくといいでしょう。
ANAの株主優待券を発行する基準、つまり株の所持数がそれに応じているかどうかのチェックになるのが3月31日と9月30日なのですが、それぞれ発送されるのが5月下旬と11月になるんです。
株主優待券は、1000株以上所有している人に1枚ずつ配当されるのですが、これが本当に便利なんですね。
先ほども説明したとおり、航空券が半額になるという便利なところもあるのですが、ANAの系列企業が運営しているのはホテルだけではなく、空港内売店やゴルフ場もありますので買い物やゴルフのプレー料金の割引にも使うことが出来るのです。
なので、普段あまり飛行機に乗ることがないというような人でも趣味がゴルフだという人なんかにとっては使い道があるというわけなのですね。
株主優待券は、飛行機だけではないところでも使うことができますので、そういった株主優待券がほしい、という人はANAの株を所持してみる、というのもいいのではないでしょうか?大きく有効活用できると思います。

アーカイブ